「ヒートショック」から家族を守る!浴室リフォーム

こんにちは。リフレ三和建設 山本支店の森下 典彦です。
最近、梅雨らしい天気が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
さて先日、古いお風呂のリフォームをさせていただきました。
今回はその様子をご紹介します!

ヒートショックを恐れてお風呂をリフォーム!

リフォーム前のお風呂は昭和時代のスタンダードなお風呂で、
冬は死ぬほど寒く、寒いお風呂でのヒートショックが怖い」とご相談いただきました。
安心して冬を迎えられるようにと、今回リフォームすることをご決断されました。

IMG_before

リフォーム前の浴室
お掃除が行き届いており、とても綺麗

※ヒートショックとは
家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことです。
急激な温度変化により血圧が大きく変動することで、体に大きな負担をかけるため
冬の入浴中に起こる突然死の大きな要因となります。
例えば、心筋梗塞や脳梗塞などを起こして死に至る場合や
貧血を引き起こし浴槽でめまいを生じてけがをしたり、溺れたりする場合もあります。

ヒートショックを防ぐポイントは “温度差をできるだけ小さくすること”!

冬場の入浴時の事故を未然に防ぐためには、“温度差をできるだけ小さくしておくこと” が大切です。
暖かい居間から寒い脱衣所や浴室への移動、そして熱い湯船に入ることで
急激な温度変化が短時間のうちに起こり、体に負担を与えます。
そのため、居間と脱衣所、浴室の温度差をできるだけ小さくしておくことがポイントです。

そこで今回の浴室リフォームは、「断熱」に優れた商品をご提案しました

  1. 断熱浴槽と、床・壁にも断熱材の入ったユニットバス「サザナ」に入替え
  2. 窓をアルミ枠+単板(1枚)ガラスから、高断熱枠+複層ガラス「Low-E複層ガラス」に変更
IMG_after

リフォーム後の浴室

これで寒さ対策は万全です!
今から冬が待ち遠しくなりました。

ちなみに、浴槽のところについている水栓は以前の物を利用しました。
これまで通り、太陽熱温水器からのお湯をお使いになれます。
お客様によると夏場はお湯を沸かす必要が無いそうですよ。エコですね~(笑)。

これから本格的な夏がやってきますが、
皆様のお宅でも、暑い夏と寒い冬を「安心」かつ「快適」に過ごせるリフォームを
お考えになってみてはいかがでしょうか。

最後に今回使用した商品をご紹介いたします。

  1. ユニットバス
    メーカー名/TOTO株式会社
    商品名/sazana(サザナ)
    特徴/
    ①お掃除ラクラク
    ②環境にも家計にもやさしい
    ③浴室の安心・安全をサポート
    ④いつでもあたたかくくつろげる
    ⑤ワンランク上の心地よいバスタイムを
    ※TOTO株式会社公式ホームページより抜粋
  2. 断熱枠の複層ガラス
    メーカー名/株式会社LIXIL
    商品名/遮熱高断熱型 Low-E 複層ガラス
    特徴/
    ①遮熱:夏の暑い日差しをカットして、冬は暖かいまま
    ②紫外線カット:人体に有害な電磁波、紫外線もカット!
    ③省エネ:遮熱効果と断熱効果で、一年中快適な住まいに
    ※株式会社LIXIL公式ホームページより抜粋

コメントを残す