使いやすいキッチン選び!キッチンの種類をご紹介。

こんにちは。
リフレ三和建設 山本支店の宇谷です。

『何が不満 わが家のキッチン』の第4弾!
今回は「キッチンセット」についてお話します。

と、その前に・・・。

以前よりお伝えしている通り、キッチン選びの際には
必ずショウルームに行って、使い勝手や色など
“実物” を
見てから決めること 「後悔しないキッチン選びのポイント」です。

高価な買い物になりますし、長く使うものですから、
カタログだけで決めてしまうことが無いように、注意しましょう。

「キッチンセット」は3種類!それぞれに特徴があります。

キッチンセットは大きく分けて以下の3種類があります。
①セパレートキッチン
②システムキッチン
③フルオーダーキッチン

それでは、それぞれの特徴をご紹介いたしましょう。

①セパレートキッチン

IMG_separate kitchenコンロ部・シンク部・調理部が分かれており、
賃貸アパートなどでよく見かけられます。
価格は3種類の中で最も安く設定されています。
カウンターの天板が一枚物ではないため、
継ぎ目ができてしまいますし、扉やカウンターの種類が
あまり多くなく、選べないため、現在はほとんど使用されなくなりました。

②システムキッチン

IMG_system kitchen使い易いサイズ、かつ売れ筋の部材を組み合わせてつくられている
既製品です。
システムキッチンには価格が比較的安価な簡易型システムキッチンもありますし、
引出しやカウンター、箱などの部材を自分の好みに合わせて
組み合わせて作るセミオーダー型のシステムキッチンもあります。
お客様からのご要望に応えられるように豊富な部材と材質が
用意されており、比較的安価で好みに合わせたキッチンにできることが特徴です。
最近では、引き出し式の収納が人気を集めています。

また、セミオーダー型のシステムキッチンと簡易型システムキッチンには、
お揃いの家電収納やカップボードやダイニングテーブルなどが用意されていますので、
トータルコーディネートをすることもできます。

③フルオーダーキッチン

IMG_full-order kitchenご紹介する3種類の「キッチンセット」の中で、
プランニングをする際に一番 “自由度” があります。
造り付け家具のように、メーカーには無い物を使って
ご自分の好きなキッチンを作ることができます。
既製品では対応しきれないデザインや材質で作ることができますので
価格は3種類の中で最も高くなります。

 

キッチン選びは迷うもの!
キッチンリフォームのご相談はリフレ三和建設へ

今回は「キッチンセット」の種類をご紹介させていただきました。
どの「キッチンセット」にするか、何となくでもご参考にしていただければ幸いです。

また、キッチンのメーカーはたくさんあり、どのメーカーにするかも迷うところですよね。
メーカーによって様々な特徴がありますが、今では各メーカーが同じような
商品構成となっています。
「扉の色」や「取手のデザイン」、「機能性」、「金額の違い」など、
それぞれの特徴をショウルームで確かめて、
ご自身の使い方にあったキッチンを選んでいただきたいと思います。

当社では様々なメーカー様と取り引きをしておりますので、
ご相談くださればショウルームへ同行して、
お客様にあった “キッチン選びのお手伝い” をさせていただきます!
キッチン選びはどなたも迷われます。どうぞお気軽にご相談ください。

コメントを残す