広島への原爆投下から71年。

こんにちは。リフレ三和建設の森井です。
71年前の今日、1945年8月6日午前8時15分に広島へ原爆が投下されました。

広島市公式ホームページによると昨年の平成27年(2015年)8月6日奉納の時点で
原爆死没者名簿(※)には29万7,684名の方が登載されています。
※広島に投下された原子爆弾により死没した方やその後に死没した方
(被爆者健康手帳の有無、国籍は問いません。)の霊を慰め、人類の恒久平和を祈念するため、
死没した方の氏名・死没年月日・死没時年齢を、昭和27年(1952年)から原爆死没者名簿に登載し、
広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)に奉納しています。
(引用:広島市 公式ホームページ「原爆死没者名簿について」)

今年も広島市の平和公園で平和記念式典が午前8時から行われました。
その際に、この1年間に亡くなった方々や新たに死亡が確認された方々の名前が
書き加えられた原爆死没者名簿が原爆慰霊碑に納められています。
原爆犠牲者の御霊に心からの哀悼の誠を捧げるとともに、そのご家族の皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

日本の反対側であるブラジルではリオ五輪が開幕されました。
この平和が末永く続くよう願うと共に、戦争の悲惨さを忘れないようにしなければならないと
思いを新たにした次第です。

コメントを残す