建物調査もお任せあれ!「測定機器」で早くて正確な調査をします。

こんにちは。
リフレ三和建設で定期点検、アフターメンテナンスを担当している水口です。
時折建物調査のご依頼をいただくことがあり、その際に私たちがよく使う便利な道具があります。

ご紹介する測定機器は、日常生活ではあまり目にされる機会が無いと思いますが、
「早く」かつ「正確な」調査をするためには大変役に立つものなのです。
私がよく使っているのは「墨出し器」と「距離測定器」と呼ばれる機器です。

「墨出し器」と「距離測定器」をそれぞれご紹介!

①墨出し器

IMG_sumidashiki_s水平、垂直を測るためのもので、器具の真下と真上にレーザーによる印が出るため、
寸法が測りやすく、一人でも位置確認ができる優れものです。
主に建物や取り付けている商品の垂直、水平を測る時に使っています。

IMG_001_s

垂直を測定している様子

実際に使用している様子がこちら→

IMG_002_s

水平を測定している様子

 

 

 

 

 

 

 

 

②距離測定器
IMG_kyorisokuteiki_s

レーザーが当たっているところまでの距離を測る器具です。
レーザーさえ当たれば、家の軒の高さなどの「手の届かない高い所」や
川幅などの「実際測るのが困難な所」、配管の中の距離などの「人が入れない所」など、
多種多様な場所を測ることができます。
そのため、一人で様々な場所の距離や高さなどを測るには、心強い器具です。
それでは、実際に使用している様子がこちら↓

IMG_003_s

レーザーを当てて、
その距離を測ります。

IMG_004_s

距離はモニターに表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

使い始めの頃は意味も無く色々な所を測っていたため、いざ必要な時に電池が残り少なくなり
困ったこともありました(笑)。
それぐらい便利なものですので、今では調査の際にはなくてはならないものとなっています。
調査には、これらを含めた様々な機器を持ってお伺いいたします。
建物のことで心配なことがございましたら、建物調査をご依頼ください。

コメントを残す