築30年程の戸建て住宅を大規模リフォーム!vol.2

こんにちは。いつも元気な森下です。

今日は『かなり大規模なリフォーム』2回目をご紹介します。(第1回目のブログはこちら

概要:こちらのお宅は築年数およそ30年ほど経過した建物です。基本的な構造はまだまだ問題が無く、建替えるのはもったいない建物です。しかし、外壁の防水性や設備等の劣化は進行しており、大規模なリフォームを行うこととなりました。工事内容としては、外装はもちろん内装もほぼ一新してまるで新築のようにする予定です。

内部の解体工事が始まっております。建物の構造が重量鉄骨造のため、基本的には鉄骨の柱以外解体することが出来ます。間取りの自由度の高い構造ですね。

こちらの写真は解体前のリビングの様子です。
20160823_1

 

 

 

 

 

 

 

こちらは解体中の状況です。作業を一時中断してもらい撮影です。焦って一部ピンボケです。^^;

20160823_220160823_3

 

 

 

 

 

 

20160823_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の作業を終了し片付けをして本日の作業終了です。

20160823_6

 

 

 

 

 

しばらく解体工事が続きますが、無事故で頑張ってまいります。

次回をご期待ください!

コメントを残す