働き方改革~宅配ボックスが働き方を変えられるか~

こんにちは。リフレ三和建設の大岡です。
寒さも少しずつやわらぎ、ジャンバーもいらないくらいになってきましたが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私たちの会社でも、「ムリ・ムダ・ムラ」の廃絶で業務を改善し、
健康で文化的な生活を推進するよう、ノー残業デーの実施や
残業時間の削減に全社で取り組んでいます。

とは言え、繁忙期や急な仕事が入った時など、どうしても調整がつかなくて遅くなることもあります。
そんな中、新聞に目を通していると一面にこんな記事が出ていました。

ヤマト運輸がインターネット通販の市場拡大の影響で長時間労働が常態化してしまい
サービス低下どころか社員の健康にも被害を及ぼす危険があるとして、
労使の合意のもと宅配総量の抑制をするというものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に便利なので私もインターネット通販を良く利用しています。
即日配達や送料無料など時間や場所に関係なく買い物が出来るので、
細かな物でもついつい”カートに入れる”をポチッとやっちゃいます。

配達時間指定もするのですが、急に家の者が外出したり家族の帰りが遅くなったりすると
不在通知が入っていて、申し訳ないですが再配達をお願いすることがあります。
実はこれが、宅配会社さんが抱える長時間労働の原因だとも聞いたことがあります。

 

そこで問題解決策!? ”住宅のあってよかった設備”の上位にランクされる
宅配ボックス】が再配達を減らし、宅配ドライバーさんたちの「働き方改革」の一助となるかも。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

施工方法も壁掛けだけでなく、お住まいに合わせて選ぶことが出来ます。
もちろん工夫は必要となりますが、外に出なくてもお家の中で荷物を
受け取ることが出来るものもあります。※商品により、対応できない設置方式があります。

据え置きタイプ(地面に固定します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポールに取り付けるタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け取る荷物に合わせてボックスの大きさもバリエーションが揃っています。
重い10kg米袋が入るサイズもあるので、普段のお買い物がグッと楽になるはず。


近頃は新築だけではなく、リフォームでも設置させていただくケースが増えています。
大きさも沢山の種類があって、受け取り印も簡単に押せますし、セキュリティーや
施錠方法もすごく工夫されて、ご夫婦共にお仕事されている方やお家でお仕事されていて
荷物を受け取る機会が多い方に需要が多いようです。スマートフォンで操作が出来るものまであります。

 

実は、当社のカスタマー部門へのメンテナンス依頼でも
「宅配ボックスの扉の開閉調整や鍵の取替え」といった相談が結構多いんです。
それだけ皆さん活用されているって事ですよね!
リフォームの場合、取り付ける下地や雨の配慮も必要になりますから
ご興味のある方は是非ともリフレ三和建設にご相談ください。

※取り付けイメージです

 

 

 

 

 

 

コメントを残す