住宅用火災警報器の電池切れに注意

リフレ三和建設の石川です。
気づけばもう秋・・・というか、もう冬・・・と、バタバタと(充実した)毎日を過ごしています。

忙しく過ごしていると「あ、忘れてた・・・」となりがちですので、
みなさまに『まもなく住宅用火災警報器の電池切れ』をお知らせします。

どういうことかと申しますと、
消防法が改正され、すべての戸建住宅やアパート・マンションなどに『火災警報器等の設置が義務付け』されてから約10年が経ちました。
電池式の住宅用火災警報器は、電池寿命が10年。
そろそろ電池が切れている家が出てくる頃です。

住宅用火災警報器は、火災の煙や熱に反応して音や音声で異常を知らせます。
電池が切れていると機能しません。
住宅用火災警報器が「ピッ」と鳴ったら電池切れ、「ピッピッピッ」と繰り返す場合は故障の合図ですが、この合図を聞き逃したり止めたままになっているケースが少なくないそうです。
設置していても火災を感知できず、逃げ遅れなど重大な事故につながる可能性もあります。

このブログを読んだ方は、ご自宅の住宅用火災警報器の点検をしてみてください。
設置場所は、寝室や階段が推奨されており、天井付けタイプと壁付けタイプがあります。
点検ボタンを押すか、点検ひもをひっぱり、作動確認を行います。(※)
作動確認をしても反応がなければ、電池切れか故障なので、本体を交換するか電池の交換が必要です。
※作動確認方法は警報機のメーカーにより異なります。詳しくは警報機の説明書をご覧ください。
一例:パナソニックの場合、点検ボタン短押し(又はひも引き)でテスト確認、音は自動停止。長押し(又はひも引き)で警報音の作動確認、離すと音停止。

総務省消防庁予防課のホームページによると、
失火を原因とした住宅火災において、住宅用火災警報器を設置している場合は、していない場合に比べ、死者数は4割減、焼損床面積と損害額は約5割減とのこと。
この数字の差は大きいですよね。

設置している方は、定期点検を。
まだ設置していない方は、ホームセンターや家電量販店で販売されており、取り付けも簡単ですので、早めの設置をおすすめします。
設置場所や種類など不明点は、一般社団法人日本火災報知機工業会ホームページで紹介されています。