ISO9001の「更新審査」無事終了!釣りにも行ってきました!

こんにちは。リフレ三和建設の大岡です。

今回は先日行われました「一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)」による
「ISO 更新審査」の話をさせていただきます。

皆様の中にもご自身で取り組まれていたり、職場で取り組まれておられる方がいらっしゃるかと
思いますが、弊社三和建設は2000年から「ISO9001」(品質マネジメントシステム)の認証を
取得しており、3年に1回の更新審査、1年ごとに1回、定期審査を受けています。

(株式会社三和建設で認証取得しており、私は社長に代わって品質管理を統括する責任者に就いています。)

「ISO9001」は会社が続く限り、永久的に審査を受ける必要がある「認証制度」で
もし審査に不合格だった場合、最悪は認証が取り消されてしまいます。
ですから会社全体が認証通りに正しく業務ができておれば、必要以上に緊張する必要はありませんが
それでも、審査日が近づいてくると毎回緊張します。

それではここで、ご存知ない方のために、どんな認証なのか概略ですがご説明しましょう。

「ISO」とはこういうものです。

まず、「ISO」とは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略で、スイスのジュネーヴに本部を置く国際規格を策定するための非政府組織の名前です。

日本では「アイエスオー」とか「イソ」、「アイソ」などと呼び、
弊社では「アイエスオー」と言っています。

1947年に18ヶ国によって発足し、現在では世界の加盟国が165ヶ国を越えています。
1国、1機関が参加でき、日本は1952年から「JIS」(日本工業規格)の調査・審議を行う
「日本工業標準調査会(JISC)」が参加しています。

(ちなみに、ISOは「国際規格」でJISは「国家規格」です。)

では、その「ISO」の組織が何をしているのかと言いますと、

世界中のいろいろなビジネス分野で「標準化」に取り組み、
そこに必要な「標準や規格」を制定・発行し、国際的に普及させる仕事をしています。

つまり、国家間に共通の標準( “ものさし” のようなもの)を提供して、
世界の貿易を促進したり、産業の発展に70年以上にわたって貢献しているわけです。

現在2万を越えると言われる規格は、工業製品から食品の安全、農業、医療、
そして私たちのような技術や営業的分野にまで幅広くカバーされています。

三和建設が認証取得しているISO9001とは?

このISO9000シリーズ(ISO9000ファミリーともいう)の中の
「製品やサービスの品質保証を通じて顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する国際規格」です。(長いですねー)

簡単に言うと、「仕事のやり方」が人によって異ならないよう基準を設け、
その通りに仕事を行うための規格です。

img_iso9001

ISOの審査機関から渡された「審査報告書」
(※画像は左クリックで拡大できます)

  1. lan・・・・・(計画)
  2. o・・・・・・・(実行)
  3. heck・・・・(評価)
  4. ction・・・(改善)

これらのサイクル(それぞれの頭文字をとって
PDCAサイクルと呼ぶ)を繰り返し行い、
「お客様の目線から考えた品質管理システム」を築き、「『無理』・『ムダ』」を省いて、
継続的改善を実現する仕組みです。

 

 

つまり、「お客様のご要望を満たすために、
より確実に仕事を進めることができるシステムづくり」の規格です。

難しいこと書きましたが、要は『お客様目線になって日々の業務を改善しながらやりましょう』という事です。

定期審査を含め、今回で20回目の審査になりました。

昔に比べると、システムの構築も進みましたし、社員も日々の改善意識が浸透してきました。
それでも毎回、気付かされることがあります。今回の審査で気付いたことは、
まだまだ計画性の甘さや改善案の弱い部分などがあるということです。
さらに「仕組み」に工夫が必要だと感じた次第です。

3日間にわたるISO更新審査をしてくださいましたJQA審査員の先生方、
ありがとうございました。

・・・では、このあたりでISOの難しい話は終わりまして・・・

一時の寒さも和らいできましたので、久々に釣りに出かけてきました!

自己紹介のときに少し触れましたが、私がやっている釣りは「ジギング」と言いまして、
船で1~3時間ほどの沖へ出て、鉛で作った「ジグ」という重めの疑似餌で
水深80m~250mぐらいの海底からその「ジグ」をアクションをつけてシャクリ上げながら
魚を誘う釣り方で、いかに魚が泳いでいるか、弱っているかを ”演出„ して魚に食わせる釣りです。

今回は和歌山南紀まで行きましたが、釣果(ちょうか:釣りの成果)はと言いますと、
数的にはさっぱりでした。

img_tyouka
しかし!!『鬼カサゴ』(イズカサゴ)という〝超高級魚〟が釣れました!

すごいでしょ?実はこの魚、棘だらけなんです!
皆さんもスーパーで売っている「カサゴ」はご存知でしょ?
関西では「ガシラ」と言いますね。
その「ガシラ」とは違ってこの魚は深海にいます。
でも、ガシラ同様、とってもおいしいですよ。

結果的には満足のいく釣行(ちょうこう:釣りに行くこと)になりました。
釣って楽しい ♪ 食べて美味しい ♪

海の恵みに感謝です!!

 

コメントを残す