リフォームで夢を現実に!設計担当の辻です。

はじめまして。

私の必需品

わたしの必需品。
赤と青の「消せるボールペン」と
「三角スケール」。

リフレ三和建設 営業1課の
辻 宗明(ツジ ムネアキ)と申します。

長年にわたり、インテリアデザインの仕事に
たずさわってまいりました。
前職では店舗設計を主としていましたが、
リフレ三和建設でリフォームの仕事に変わって、
丸3年になります。
現在は営業・設計を担当し、長く住み慣れた家を改修して
より住みやすく改善することに、
仕事の面白さを感じています。
お客様への提案が一番得意とする分野であると
自負しておりますのでどんなことでもお任せください!

ショウルームの鳥瞰パース

リフォームのショウルーム「住まいの相談室」
(三和建設 本社1階)

 

 

←←←この図面は三和建設の本社1階を
リフォームのショウルームとして
改装計画をする際に描いた鳥瞰パースです。
(左クリックしていただくと、↑
別ページでPDFの図面が開きます)

 

 

 

実は、私はもともとデザインの学校で勉強していませんでした。

そのため、先輩の技術を見よう見まねでやってみたり
足りない部分は独学でカバーしたりと励んできました。
その経験と、これまでに取得した様々な資格を活かして
お客様に喜んでいただけるようなプランを提案するよう
常日頃から考えています。
幸せな住まいづくりに、一生懸命取り組んでいきたいと思っておりますので
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

必需品

わたしのこだわり「筆記用具」。

さて話は変わりますが、
皆様のこだわりは何でしょうか?
私のこだわりのひとつは「必需品」である
「筆記用具」です。→→→

昔は尊敬する先輩が使っているのと同じシャープペンシルを使うと「図面が上手くなるのかなあ」と考え、よく先輩の真似をしていたものです。

そのせいもあって、筆記用具や小物に大変こだわっていました。
たとえば、鉛筆1本5千円もする物や、
2~3千円する筆記用具を買っていました。

ところが今では、「赤と青の消せるボールペン」と
「三角スケール」が「必需品」になりました。(笑)

「家のことに関係無い」と思われるようなこだわりでも、実は関係することもあります。
皆様が描く『夢のご自宅像』に少しでも近づけるように
様々な方面から考えて提案するのがプロの仕事であると思います。
ご縁がありましたら、ぜひとも皆様のこだわりもお聞かせください。

余談ですが、私は若い頃は「アウトドア派」で、海や山によく出かけていました。
しかし、仕事を始めてからは、デザインや色使いも含めて、
建築物やインテリアにすごく敏感になり、すっかり「インドア派」になりました。
これからはまた海や山に遊びに行けるように、
“カッコいいおじさんになる” ことが、密かな私の目標です。
何かアドバイスがある方はぜひともお聞かせ願いたいところです。

最後になりましたが、最近急に冷え込んでまいりました。
私も健康管理には気をつけ、少しでも歩く時間をつくっていますが
皆様も体調にはくれぐれもお気をつけください。ではまた。

コメントを残す